読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

syoshinmonoの日記

『小さくてもいい、日々、新しいこと。』 を記録していくblogです。

日々、新しいこと。-行ってきました、星野村!-

先日、思い立って行くと決めた星野村、行ってきました!!!

諸々の用事を済ませ、天気を確認(めっちゃ晴れ!)。いざ星野村に連絡!

この「天気を確認したこと」が、後々役に立ちました!

 

私「今日、泊まれますか??」

星「えっ、今日?」

私「はい!」

星「確認します、、、あ、大丈夫のようです。何名様ですか?」

私「1名です!」

星「えっ、1名?あ、、、はい。」(危ない人と思われてる?)

私「今日、星は見えそうですか?」

星「見えそうです!」(いきなり勢い良く饒舌!笑)

私「じゃぁ、20時ぐらいに着きます!」

 

ということで、バッグに適当に荷物を詰め込んで、出発!

星野村近くにはコンビニもなく、遅い時間だとレストランも空いていないので

少し手前のコンビニで夕食とビール、おつまみを調達。

20時少し手前に到着!

 

一番近い駐車場から星の文化館(兼ホテル)までは1分ほど。

平日ということもあって、車はほとんど停まっていない。

少し標高が高い?からか、夕日のオレンジと青が、

ぼんやりと山の向こうに残っていました。

もう少し早めに来ていたら、夕焼けが綺麗だったかも。

 

施設に入るとすぐに左手に宇宙関係や八女関係のおみやげ売店、

右手にあるレジ兼受付で、早速受付。

f:id:syoshinmono:20160715121719j:plain

21時半より宿泊者専用プラネタリウムがあるので、

それぐらいに来てくださいとのこと。

部屋に案内されると、想像していたよりも綺麗でした(失礼…笑)。

f:id:syoshinmono:20160715124503j:plain

夕食をとり、ベッドサイドにある星に関する本を読んでました。知識0。。。

f:id:syoshinmono:20160715121724j:plain

 

指定の時間になり、プラネタリウムへ。

一番乗り!最後尾2列がオススメとのことで最後尾に座ったものの、

実際、最後尾から2列目中央がオススメです。笑

プラネタリウムでは、今日見る星の説明を受けました。

平日だからか、今日の宿泊者は男女2組、ご夫婦とお母様?1組、

女性同士2組、と私の計6組でした。(1人に驚かれるわけね。)

 

プラネタリウムは20分ぐらいで終了し、いざ観測室へ!

目に入ってきたのは、巨大な機械。え、これが望遠鏡?というほど巨大。

ドームの一部が開くと、気持ちの高ぶりはピーク!笑

f:id:syoshinmono:20160715121852j:plain

 

2メートルほどの開口部から現れたのは、

息を呑むほどに美しい天の川と、星空、星空、そして星空。

「おぉ。」聞こえるか聞こえないか精一杯の、かすかな驚きの声。

しばしの沈黙と、瞬きもせず、その光景から目が離せない私。

あぁ、美しい。

 

 

そこから、星のソムリエ解説付き、観測会がはじまりました。

木星、火星、そして土星。ベガやアルビレオ、星雲や星団。

土星を見た時、自分の中にふと、ある感情が生まれてきました。

 

「人生で初めて『星は星なんだ』と認識」しました。

 

普段の生活の中でも、星を眺めることはあっても、

それはただ空にうかぶ光のようなものでしかなかった。

それが、望遠鏡を通してリアルな形として見ることができて、

本当に宇宙に星が浮かんでいるという理解しているようで

理解できない感覚だけがやけに鮮やかで、衝撃でした。

 

そして、観測開始から30分ほどたったとき、

ふと天の川を眺める私の視界を横切ったのは、一筋の流れ星。

今でも目を閉じると、あの光景を鮮明に思い出すことができます。

それほどまでに強く、輝く光でした。

きっと、あの光景は、一生忘れません。

 

そこからは終始、星空と星々に圧倒され、観測会も24時を超え、

一旦解散となりましたが、そこから文化館の駐車場を移動し、

これまた1時間ほど駐車場に寝そべって皆で星空を眺めていました。

いくつか蚊に刺されましたが。笑 

流れ星もいくつか見ることができ、幸せな時間でした。

 

部屋に戻った私は、ビールとおつまみなんか必要もなく、

ただただ、穏やかな眠りにつきました。

 

翌朝は6時半ごろ目覚めました。

部屋からの眺めは素晴らしいものでした。

f:id:syoshinmono:20160715123034j:plain

時間があった私は、文化館近くを散歩しました。

(文化館外観)

f:id:syoshinmono:20160715123043j:plain

 

文化館の方にオススメの散歩コースはありますか?と聞いたところ、

平和の広場というところがあるらしく、行ってみました。

実は、戦争で広島に行っていた息子さんを亡くした方が、

戦争を忘れまいと広島の残り火を星野村に持ち帰り、

その残り火を戦後ずっと保存している場所でした。

恥ずかしくも知らずに来てしまった私は、しばしその火を見つめ、

そこで時間を過ごしました。

 

(平和の広場)

f:id:syoshinmono:20160715123050j:plain

(平和の塔)

f:id:syoshinmono:20160715123058j:plain

 

その後も30分ほど文化館周辺を散策し、朝食のお弁当をいただいて、

帰路につきました。

 

思いつきで飛び出した小旅行、とても素晴らしい思い出になりました。

自分へのおみやげとして、「アイシボ金属栞」なるものを買いました。

「アレシボ・メッセージ 1974年にアレシボ天文台より地球から

約23000光年の距離にあるヘルクレス座球状星団M13に向けて

送信された、地球外生命へ向けての初の電波なメッセージ」だそうです。

なんだかロマンがあるなぁと思い、手に取りました。

もう一つ手に取る理由となったのは、説明文の最後に、

「返事はまだ無い。」とあったためです。笑

まだ届いてすらない。笑

 

星野村

・目に優しい自然がたくさん!

・時間があれば温泉とかお茶とか周辺の施設も行きたかった!

・都市では見られない星を全身で感じることができた!

・ミニホテルは限定8部屋で静かで綺麗だった!

星のソムリエは星のことになると饒舌だった!

星野村は一旦9月ごろ?休館して望遠鏡・ドームを増築して

 再オープン予定!

 

素敵な旅だったなぁ。次はどこに行こうかなー!