読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

syoshinmonoの日記

『小さくてもいい、日々、新しいこと。』 を記録していくblogです。

会社を辞めてから、4か月がたつ。

時間とともに記憶は薄れていくけれど、

近いうちにきちんと時間をとって思考を整理しなければと思う。

そして、言葉にして残しておくこと。

10月中に、しよう。

 

会社を辞めてから、とにかく、なぜか焦りがあった。

「動いている自分」という実感がほしかったのかもしれない。

「何もしない」それも会社を辞めた目的のひとつだったはずなのに。

でも自分の気持ちのままにあることも目的のひとつだったから、

焦りに抵抗しなかったのも事実。

 

そして、私は旅に出た。

近所から、市内、県内、国内。

随分と歩きまわったし、多くの出会いと、多くの感情を得た。

行き先はいつも決まっていなかった。

いいことばかりだったとは言えない。

騙されることもあったし、無計画ゆえにもったいないこともたくさんあった。

荷物を抱えて歩き回り、疲れ果てて自問自答を繰り返した日もあった。

 

旅がすべて良かったとは言えない。いいことばかりじゃない。

それでも私は、きっと、また旅に出る。

 

濃い海の青を強く好きだという想い。

その地のものをその地で食す有り難さ。

そこに営まれてきた文化が次世代に受け継がれていくこと。

昔、教科書で見た絵が自分の目の前にある事実。

夜行バスから見えた満月、なぜ追いかけてくるのか

不思議に思っていた5歳位の自分を思い出すこと。

生かされた命と消えていった命が交錯した場所に立つこと。

人の多さと制御することのできない情報に飲み込まれそうな中で

気持ちをしゃんと踏ん張らせようとする自分。

 

自分の五感すべてでも足りないくらいに、

世界は溢れ続けていること。

 

どう考えても、人生いっこじゃ足りない。届かない。

その事実がやけに悲しくて、悔しくて。

だけど、それでも手を伸ばし続けなければ、

私はきっと生きていけない。

 

だから私は、必ず、また旅に出る。